記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山


おでかけ。あおい高速神戸行きに乗って姫路城いくと云ってるけど説得して去年創基1200年とかやってて宿願だった高野山へ誘う。
スイカでバス運賃支払い。払えたっけっかなぁと訝しがる俺だったが無事支払えた。バス車内のポスターにスイカも使えるとあってぼくしってたよと云ふ。確か使えないのは山陽電車だったか。

生駒駅でフリー乗車券購入。3000円程。
よく判ってなかった様で電車内で阪神の各停には乗れない事を知ってえっとした顔になる。じゃあ尼崎迄行って一寸だけのるか?と提案。納得する。
電車は難波行きなので一旦日本橋で下車して後続尼崎行きを待つ。混んでてまあ阪神は今日は良いよね?と訊くと納得したかうんと云う。難波で降りてコンビニへ寄って食べたいと云っていたポテチを購入。更になんか要るか?と訊くとキャラメルエクレアを所望。じゃあ半分こして食べようなと云って購入。

高野線は久しぶりである。なかもず以遠は初めてかも知れない。
直ぐに急行があって乗り込む。極楽橋まで100分程掛かるそうな。案外遠い。先頭車両が良いというので先頭へ。
複々線にテンション上がる。高野線区間に入ると地平区間ばかりでやはり支線の風格。。しかし急行がなかもずも通過する俊足振り。JRとの競争がないので逆に遠距離への速達サービスが維持されている状態か。

北野田や金剛など住宅街の結節駅に停車して富田林,そして河内長野。帰りはこっちの近鉄で帰ろうねと伝える。
キャンプに行く小学生ども引率のおばあちゃんも先頭に陣取る。
河内長野を過ぎると急行の停車駅が増える。トンネルも増えて紀見峠越えへ挑む。千早口で先日云った金剛を思い出す。
林間田園都市に着く。島式ホーム2面だが難波行きは片面しか利用していない。増発の余地を夢想する。
其の後車両基地を横目に見る。運転席時刻表には小(信)とあったがwikiに拠ると小原田信号所だそうな。
各都市とも市の中心駅の大阪方の駅間距離が長い気がするが,大阪方に駅を造っても其処から各停に乗るより,市の中心駅迄バスで出て急行に乗った方が早いのだろうと思う。
なんとなく複線は御幸辻か田園都市迄のイメージだったが橋本迄堂々の複線である,
五條辺り迄南海が乗り入れれば便利になるのにと思うけどそんな話しは聞こえてこないね。

橋本を過ぎるとぐぐっとスピードが落ちて電車も別人の様になる。紀伊清水。wikiに拠ると当初はこの付近に車両基地を造る計画だったそうな。都市近郊区間が一駅延びてこの辺も宅地開発出来たのかもしれないのにと思うが,まあ今の方が効率的であらう。また紀ノ川への貨物線も延びていたそうな。この道かね?
また橋本方面から紀ノ川口貨物駅へまず開通し途中分岐(妻信号所)して学文路へ延伸したそうだ(当時は未だ紀伊清水駅は無い)がその辺は川端貨物駅と和歌山線と似ている。
其の次が九度山駅。真田幸村が配流されたのでもっと高野山寄りにあるかと漠然と思ってたけど案外橋本に近い。とはいえこの先はもう山だ。
其の次が高野下。件の小学生どもは此処で降りていった。次の下古沢は交換設備が撤去されていた。其の後も物凄い山の中をゆっくりと上昇してゆく。どの駅も4両編成がギリギリ停まれる位の有効長しかない。
そしてやっと極楽橋。橋本からが長かった。
ここでケーブルカーに乗り換え。はやり先頭に陣取る。

勾配がどんどんきつくなって行く。南海りんかんバスに乗り換え。此処からバス専用道である。が曲がりくねって随分のろい。。
先ずは終点迄行ってみる。メインは亠形で結節点が千手院前,終点がそれぞれ高野山駅・奥の院・大門となっているようだ。
奥の院は遠そうなので行くのはやめてご飯にする。フリー乗車券に割引券がついているのではちようとか云ふ食堂。ミニうどんとミニカツ丼のセットを頼んで分けっこして喰う。

さて寺のある大門行きに乗る。途中金剛峯寺前というバス停があって一寸混乱する。今から行こうとしている金堂や大塔は金剛峯寺じゃないのか?!さて大門はただの門だが名前の通りでかい。潜ってから本堂方面へバスを少々待つ。

バス停を降りて今度は中門(仁王さん?が正面だけでは無く裏にもいてた)をくぐり根本中堂へ。本尊は開扉されてなかった。大塔の方が仏像が沢山見れる。1時10分前だけど坊さんが鐘を撞き始めた。しかも1回ではない。どういう仕組みか?大塔だったか昭和9年竣工とあった。既に日中戦争が泥沼化しつつあった時期だが
まあも疲れてきたのでアイスを食わせる事に。行きのバス内から見かけたファミマへ。駐車場に椅子とパラソルが据ゑ付けてあって休めそうである。
若い小僧さんがクルマ(香川ナンバー)で乗り付けてジャンプかなんかを買って行った。
未だ未だ悟りの境地では無さそうだけど京都の本屋さんではエロ本なんかを立ち読みしてる若い坊さん(坊主頭で袈裟着てた)を見た事があるしな。若くして修行の道にはいるのは住職さんの息子たちなんかな?

こちらはアイスを買う。まあは何処で憶えたかハーゲンダッツを所望。あとから判明するが内海行った時に憶えた様だ。違いの判る奴だw凍らせた麦茶も買う。欲しいなと思ったものが置いてあって便利である。

さてアイスを食べてもう一踏ん張り。近いのでバスには乗らず霊宝館迄歩く。新館と旧館があって塗り直したらしくて塗料臭いが古びたいい雰囲気。木造だそうな。
仏像などを見る。古地図が興味深かった。コンビニのあった辺りも昔は塔頭があったようだ。また廃仏毀釈時に夫れ迄あった清巌寺と興山寺を合併して金剛峯寺としたようだ。
また江戸期には高野山の僧侶達は、高野三方(三派)といって、学侶・行人・聖の三階派に分かれていて学侶方は青厳寺,行人方は興山寺,聖方は大徳院に拠っていたそうな。学侶は密教に関する研究,行人は管理や僧兵,聖方は全国を回って勧進すると云う機能の違いがあったそうな。
現代的に成ったとは云え復古主義者の俺としてはまた三派に分かれて切磋琢磨して欲しい気もするw

さて霊宝館を一回りしてもう良いかなと云う感じになってバス停からバスに乗る。少し時間があるのでお菓子を食べて待つ。生憎次のバスは高野山駅行きでは無く奥の院行きであり可成り混んでる。千手院前迄乗って乗り換える事に。バスは混んでいたが席があいてたので一旦坐らせて貰い,直ぐに降りる。まあはしつれーとか良いながら降りて,しつれーといっておりたよぉと嬉しそうに報告してくる。

道を渡って高野山駅行きのバス停に着いてみると暫く高野山駅行きはないようだ…と其処に急行バスが到着!途中のバス停には停まれませんと運転手さんが連呼して注意を促してゐる。こちらはフリーパスが効くかどうかのみが気になるので運転席の隣迄行って確認を取る。
バスはなんと野迫川村役場からのもので,野迫川村─急行バス─高野山駅─ケーブルカー─極楽橋─南海高野線─難波と奈良県の山奥の村が南海を通じて大阪に直結してゐて一寸テンション上がる。急行なのですいすい行き,行きはノロいと感じられた専用道の弯曲した道路も速く感じられる。

直ぐについてさあケーブルカーに乗ろうとするとまあがおとーさんりっくもってる?と聞いてくる。どっかに置いてきたらしい。先ずはバスの営業所へ行って訊いてみる。さっき乗ったバスを伝え調べて貰うが見付からないと云う。バスの席に置いた記憶は微かにあるのでお菓子を食べた霊宝館前のバス停では多分無い。となると千手院前のバス停か?バスの中に置き忘れた様な気がするけど無いと云われたら仕方が無い。再びバスに乗って千手院前へ向かう。
まあは寝てしまう。

3回目のこの区間だが意外に速く感じられた。急行バスが速かった訳では無い様だ。
起こして先程坐ったバス停に向かうと無事リックと再会♪吉野に続いて二回目である。無事回収出来る治安の良い日本は矢張り住み易くて良い。

4回目となる千手院から高野山。
ケーブルカーで極楽橋へ。クロスシートの普通列車が待ってるけどまあがとっきゅうにのりたいとつぶやき,アイス我慢と引き換えに特急に乗る事にする。特急の方が後から出るので時間が掛かってしまうが河内長野迄なら500円程だ。アイス五個分だぞと念を押す。

隣に人が来たら膝の上に乗せないと行けない所だけど幸い誰も来ず,一寸はみ出しながら並んで坐れた。
特急でも山岳部分は鈍足で橋本から速くなり河内長野到着。

近鉄は一寸待つ。行きに一瞥した時は頭端式2面かと思ったが一面はトイレなど設置して短くなって使われなくなった様だ。15分起きぐらいに準急が発着する単純なダイヤで2面も要らないらしい。ホームの行き先表示板が近鉄でよく見るものと違う。後は標準軌と狭軌の違いを感じさせる事もなく近鉄の情景である。

次の汐ノ宮も行き違いが撤去されていて対向式2面の片側を使ってなかった。本数確保出来るのか心配になる。
また2+3の5両が基本で3両(2両だったかな?)や4両も運転されてるようである。

富田林から複線になって8連対応となる(wikiに拠ると現在は8連は運行されてないそうな。またお隣貴志との間に宮ノ前駅移転後旭ヶ岡があったそうな。都市中心駅の大阪方は乗客が少ない法則がここでも成立しているのかも。少なくとも現在の近鉄長野線は準急主体で各停だけど・・・)。そのまま古市。乗り換える。
来た普通は2連であった。尺度で急行に乗り換え。
またまあは寝てしまう。橿原神宮前で京都行き急行に乗り換え無事生駒着。タクシーに乗りたがるが高いからと云ってバスで帰る。なかなか充実した旅であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。