記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山城・紀三井寺

今日はサザンに乗って和歌山へ。

指定席がいいなぁと云うけど,節約を言い聞かせる。

難波でアーバンライナーを見てる内に遅くなるがぎりぎり和歌山おでかけ切符を窓口で買ってサザンに乗り込む。

箱作付近はちょっと丘陵地帯になってて蛇行する。
そしてみさき公園。多奈川線分岐。
深日駅跡に気付く。

程なくして巨大な第二阪和国道の橋脚が現れる。結構進んでるとも云える。

孝子付近にはICも出来る様だ。
まだ橋桁も架かってない様な箇所もあったけど本年度中完成に向けて工事中の様だ。
https://www.kkr.mlit.go.jp/naniwa/04/01-01.html

和大前駅。特急も停まる。和大は少し南側で副駅名のふじと台の方がしっくりくる。
その後勾配を下るが下には街が拡がり上には和歌山大学(ふじと台よりも近いぐらい)ともう一つ駅つくれそう。。

和歌山市駅。随分久しぶりだ。大学2年の時の伝説のゼミ合宿以来だ。立派な駅という印象だったが大きい事は大きいが滅茶苦茶寂れた感じである。こんな淋しい感じだっけと一寸慄然とする。駅前のバスターミナルも広いけどがらんとしてゐる。。

案内所でのるべきバスを教えて貰い一寸待って後乗り込む。
公園前で降りる。お城は直ぐである。
なかなか広い。忍者の格好をしたお兄さんも居る。虎の石像の前で写真を撮り裏坂を上がると天守閣である。
お金を払う。切符のお陰で安くなってるが団体扱いになる様だ。

鉄筋コンクリートのお城である。一通り見て回る。アイスを食べて帰りは西側へ出る。
バスの時間を見るてる内に,直ぐに紀三井寺方面海南行きのバスが来る。一寸だけ乗って周遊券のサービスが受けられる市街地のラーメン屋に行こうと思ってたけどこれ逃すと次ぎが何時になるか解らないのでそのまま乗って行く事にする。ところが乗るとおなかすいた・・と言い出す。む~,迷った末に紀三井寺の先にあるラーメン屋にする。元車庫前○宮と云ふ名前である。まあ凡庸な醤油っぽいらーめんだけど凡庸な旨さがある。ラーメンとチャーハンのセットを喰う。
さて時間を見計らって逆のバスを捕まえる。紀三井寺を通るので良いのに紀三井寺駅で調べてしまいえらい待たされるかと一瞬勘違いする。。
ともあれ紀三井寺で下車。道路は広い。バイパス?と国体道路の分岐部のようである。

踏切を越えて紀三井寺に到着,いざ入山。凄い石段である。あちこち見ながら上がる。巨大な金色の千手観音がある。その観音様のゐる仏殿には上迄あがれて非常に佳い眺めである。
かき氷を食べて下山。

二度バスで和歌山市へ。まあは眠ってしまう。俺も寝てしまう。まあに起こされると沢山の人が下車している。JR和歌山駅であった。南海が寂れてるのと対照的にJR和歌山駅は流行ってるようである。ちょい複雑である。

さて節約して指定席には乗らない様いってあったがさざんまで30分近く待つ。行ったばかりのようだ。先ずは普通で行くことにする。泉佐野で関空急行と接続しており一応一時間に4本確保されてるとは云える様だ。

で,まあの要望で泉佐野で空港急行を見逃しサザンに乗換。おしっこしてお茶を買う。
真ん中2線は両側ホームで乗換の便を図っている様だ。

この日はご飯はどうしたっけかな。何度も南海に乗りに行ったし行ってから日記を書く迄時間があいて忘れてしまった。途中迄難波の王将にするかと云ってた憶えはあるんだけど。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。