記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水間観音

本日は泉南のホビーオフ(アーバンライナーのプラレール)と(先日断念した)水間観音を目指す。

阪奈道路から,R170。石切から脇道に入り,出ると角田東,あとはr2を延々と南下。流れてゐる。
西大塚付近から混む。美原ロータリは陸橋を建設すべし。
美原Jct前の手前も混む。
東八田4号の手前もちょい混み。
堺泉北道路に乗る。100円高速は健在。
葛の葉町北から阪和国道R26へ。近くは北信太駅。信太山の狐の名が葛の葉(♀)だそうな。
阪和国道は片側3車線の堂々たる国道。余り立体交叉はないけど。
和泉府中駅近くの穴田は陸橋。r40との交叉も陸橋。東岸和田駅近くも立体交叉。これらの陸橋は2車線である。
東岸和田駅近くの陸橋を降りると片側2車線となる。岸和田市も終わる。サザンの停車同様,岸和田市の大きさを示す。
その後,水間鉄道との立体交叉を前に水間観音の看板が出てるので急遽曲がる。その先のBPを使えば良かった。。
石才交叉点は右折レーンがなくて混んでた。更に直進してr40に合流。一気に進む。大阪内陸都市環状線は気配無し。R170BPの先は2車線に減ってR170旧道と交叉,旧道へ。直進すれば阪和道貝塚ICである。直ぐに水間寺である。一寸這入るのに手間取る。
駐車場は無料。拝観料も無料である。お堂を幾つか見る。びんずる尊者もゐる。滝もある。1円ずつ入れる。
行基が開祖だそうな。聖観音を龍がくれたとか。周囲は水間と云ふだけあって水が豊富の様だ。

さて一回りした後R170BPへ這入る。暫くして4車線が2車線になる。
泉州山手線の気配は感じず(此処ではあんま注意してなかったけど)。野田交番西で市道と合流するのにも拘わらず4車線巾の痕跡がなくなる。泉州山手線から先は2車線でも良いと云ふ事か?道はだらだら混んでいて,最後の最後で外環がダメ道路になってしまってゐる恨みはある。大阪岸和田南海線の気配もうっかりしてて良く見てをらず。
上瓦屋(此処も陸橋あり交叉点)で阪和国道に復帰。泉佐野市街に這入って行く。
関西空港口で空港へ行く線路と道路と交叉(こちらが平面)。
さてR26は片側2車線道路であるが泉南市内に入ると片側1車線の側道が着いて計6車線となる。砂川変電所前で我々は今日の目的のホビーオフへ着くのでその先でトンネルに入るR26と分かれたが側道はそのまま山を上がって行く様だった。泉南市内は側道付きの一寸余裕のある作りになってゐる訳だがお金があったのか見識があったのかどちらなのか?
ホビーオフにはアーバンライナーはなく地下駅を見つけて購入。帰途に着く。もう2時半過ぎとかになっており急いで帰る事にする。

先ずは空港アクセス道路に向かうが手前の交叉点で曲がる。空港道路に合流,4車線の立派な道路である。
そのうち2車線になり,上之郷ICから高速へ,泉佐野Jctで阪和道に這入る。

そして次の貝塚ICで降りる。250円。安い。休日割引が効いてる様だ。
此処から水間寺を眺めてR170旧道へ。
2車線国道で交通が少ないのでまあ走り易い。
奈良池前からBPへ這入り阪和道と交叉する。此処にICがあれば便利なのに。

その先で2車線に。右折レーンもなく2車線になる。その後も一部4車線になったり2車線になったりするも快適な道路。
天野山付近は格好良い♪

その後河内長野・富田林・羽曳野の都市部に入るので平均速度低下。
喜志駅付近で曲がって河内国分・信貴山経由とする。
喜志からR170旧道。結構快適。南阪奈道の先,新町で曲がって新大黒橋。
その後駒ヶ谷駅から河内国分へ抜ける。

河内国分は全交通が国分交叉点を経由する構造で何時も混んでる。ここに道通せやと思うけど今日は割と空いてゐた。

国豊橋を右折してr183へ這入る。此処から青谷を上がって行くが道は細くなるも対向車が可成り多い。雁多尾と云ふ聚落になる様だ。
此処は2車線道路を整備しなければならない。地方の生活保護として無駄に公共事業垂れ流してる余裕があればベーシックインカムと都市近郊の山岳道路に回してやれ。
聚落を抜けた所で道が広くなる。対向車も居なくなる。バカバカしいことこの上ない。需要の有る方を拡幅しろってんだ。
そのまま信貴山から広域農道を抜けて生駒へ。生駒市へ這入った所で広域農道が終わっていて道路としての機能性が大いに損なわれている。已んぬる哉。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。