記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳谷観音・乗願寺・光明寺

京滋バイパスと云うかR478が出来て,奈良・南山城・枚方⇔洛西は随分近くなった。
本日はまあを連れて洛西を攻めるが走ってみて初めて気付く。あんま洛西へ行く用事ないからなぁ。。

r13との交叉は京守(きょうもり)と云う名前だったが国道の旧道にして主要地方道のr13京都守口線の略称京守線から来てるのか?(因みにr14は大高京線と略されている。)

大山崎Jct付近はちょっとぐちゃっとしている。R171(京都・大阪方面)とR478とr10とJct出入口の五叉路が基本なんだけど。。西山天王山駅辺りで一寸迷う(;´Д`)

今日の目的地は善峯寺の心算だったんだけど京都縦貫の側道を行くと目的地は柳谷観音と出ているので急遽こちらにする。奥海印寺と云う地名を山に分け入って行くと小さな滝の脇に地蔵が沢山置いてある。そこは岐かれになっていて大仏乗願寺(500m)の看板とともに関係者以外の進入ご遠慮下さいの看板がある。

フィットを置いて暫く歩いてみるもクルマが進入出来ない程では無いしクルマの往来も殆ど無さそうなのでクルマで進入する。その先には農作業のクルマが停まってたりして往来はあるようであるが,集落を前に道が狭まる。
が,すぐ其処が乗願寺であった。大佛(おおほとけ)があるらしいが一見小寺で駐車場もない。周辺住民が停めているらしいちょっとした広場があり,急いで参拝だけさせて貰う事にしてクルマを停める。

本堂は閉まっていたが,ネコが入るので扉は閉めて下さいと云う張り紙があって勝手に入って良さそうだと判断。入ると丈六の阿弥陀様が。俺は写真は遠慮したのにがんがん撮ってうpしている奴がいた(;´Д`)
http://4travel.jp/travelogue/10775824
こんな感じである。神秘的である。隣には小ぶりな十一面観音も。
拝観料タダの非観光寺にしてこのクオリティ。流石京都洛西西山である。
男は左周りをして左膝をさすれとあるので実行する。もっと居たかったけどクルマを停めっぱなしなので急いで退出する。

集落手前で道が狭くなるがその狭くなる前の2車線辺りに停めとけば良かったかも知れないけど,まあ殆ど人の出入りもないし実際に問題はなかったと思いたい。

さて,次は柳谷(たに)観音である。またも山道を右往左往して登って行くとここから聖域という看板が現れ直ぐに楊谷(ようこく)寺である。どうやら西山三山の一つでもう一つが今日行く予定だった善峯寺,あと一箇所が総本山光明寺だそうである。
此処は広い。本堂から奥の院迄回廊を歩いて行ける。まあは冒険だと喜んでいる。心講とか云う寄付を示す板があちこちに掲げられていて近世に大阪商人のハートをガッチリ掴んでたようだ。現代に於いて勝尾寺みたいな俗化はせずやってるようだ。なんでこんな所にr79伏見柳谷高槻線とか云うのが指定されているのかが学部生の頃から不思議だったがこのお寺のお陰以外には考えられないな。。

一回りして下山。
微妙に土地勘無いので判らない。JR桂川駅付近に確かモールができてた筈とうろうろすると光明寺道の交叉点が。此処はもう云ってしまえとなる。

光明寺は西山短大を擁する寺であった。駐車場はただであった。結構混んでいる。紅葉の時期は駐車場も閉鎖されるようだ。
法然上人の浄土宗の総本山ということか?広々した敷地に堂宇。一回りする。市の天然記念物の柏槙なんてのもある。

光明寺道を北上したかったけどもう帰ろうという雰囲気になって直進して171へ向かうことにする。
帰ってから地図で確認,後一寸伸ばせば繋がるのになぁ。。
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E135.41.3.808N34.56.47.082&ZM=9

大極殿とか云う交叉点があって長岡京の中枢部がこの辺にあったようだ。
171に出ると鶏冠井(かいで)町─昔赤切符切られたときだったかお世話になった向日町簡裁の前だった。色々繋がっている。。
かつやを提案するもののその手前のすき屋と云われて豚皿定食を食う。新幹線が見えて嬉しそうにしている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。